一般社団法人大竹青年会議所

2014年度 理事長 藤澤 正治

理事長所信

輝かしい未来へ
〜 愛する大竹、愛する人々のために 〜
【所信】
根底
私が大竹青年会議所に入会した理由は、大竹のためにまちづくり人づくりを率先している団体があるという話しを聞いたのが始まりでした。話しを聞けば、私が幼少のころ大竹青年会議所の活動とは知らずに事業に参加をしたことを知り、その事業が愉しくまち全体が活気づいていたことを覚えています。私が大竹を愛し人々との繋がりを大事にしているのは、幼少のときに培った暖かい人々の思いやりや活気ある大竹のまちが好きだからです。
輝かしい未来への活動
現在人々は自己中心的で閉鎖的になっていて、周りに対しての興味が薄れてきているのではないでしょうか。それは、自身が住むまちや地域との繋がり、周りの人々、もしかしたら自身の家族にさえも興味が薄れているのかもしれません。住むまちの環境や様々な人々との繋がりを良くするには、他人事として捉えるのではなく自ら考え自ら行動するしかありません。これからの将来を築いていくのは青少年であり、それを導くのは大人の責務です。特に青少年期における経験は、その先の人生を大きく左右します。青少年に必要なのは、自立性を持つことと人々を思いやる心ではないでしょうか。自立性を持つことで自ら考え能動的に動くことができ、周りに対して思いやる心を持てば、自分勝手な発想ではなく相手が本当になにを求めているのか真剣に考えるはずです。一人ひとりの意識が変われば、地域が変わりまちが変わり、人が変わります。我々が今までにしていただいた活気ある活動や人々に対しての思いやりを、今度は我々が愛する大竹、愛する人々のために志という熱意や情熱を胸に誠意を尽くし突き進んでいく所存であります。
輝かしいJC会員
上記に書いたことは、現在のJC会員にも当てはまるのではないでしょうか。青年会議所とは自身の価値が問われ、自身が成長できる場所であります。自身の価値とは、自身の考えや性格だけではなく行動など全て含めた気質であり、それらを向上させるには、人のために尽くし自身を磨くことだと思います。奉仕・修練・友情の三信条に従い輝く未来のため、己自身の成長のため、愛する仲間のために熱い志を持って邁進していきましょう。
会員拡大
決して我々の活動は、人数を増やすことや継続して行くことが目的ではありません。目的は、明るい豊かな社会の実現であります。しかしその実現を近づけるためには、志ある仲間が必要不可欠です。現在の社会を生き抜いて行くためには、工夫と努力、そして状況変化に改革できる勇気ある決断が出来る人が乗り越えて行くのだと思います。我々青年会議所のメンバーは、個性が強く自分自身の考えを持ち、工夫や努力をしている人達の集まりです。JCI綱領に個性はこの世の至宝、奉仕は人生最善の仕事とあるこのような素晴らしい青年会議所というフィールドで、様々な活動を通じ青年会議所だから学べる奉仕・修練・友情を学んでもらいたいと思います。
結び
これまでの大竹青年会議所の先輩たちの志と熱意を受け継ぎ、明るい豊かな社会の実現のため、そしてこれまで大竹青年会議所先輩がたが培ってきた市民からの信頼や期待を魂に刻み、大竹がより明るく躍動したまちになるように本年度会員一同活発に突き進んでいきますので、ご指導ご協力のほど宜しくお願いいたします。
 

 
 
 
▼卒業式
▼安心安全マップ/小方学園
▼安心安全マップ/大竹小学校
▼コイこいフェティバル
▼11月例会/開会宣言〜JC宣言文朗読並びに綱領唱和
 
 
累計 000001 本年度 1 今日 0001 昨日 0000