ACTIVITY
活動予定・報告

8月例会/ふるさと活性委員会


8月例会/開会宣言〜理事長挨拶

8月7日(月)に大竹商工会議所4階にて、8月例会が開催されました。

開会宣言
人間力開発部門
副理事長 日野 浩爾 君

JCIクリード唱和
指導力開発委員会
委員 辻川 貴久 君

JCI MISSION並びにJCI VISION唱和
指導力開発委員会
副委員長 岩崎 静穂 君

JC宣言文朗読並びに綱領唱和
指導力開発委員会
委員 河内 信治 君

〜一般参加者入場〜

理事長挨拶
理事長 田中 大介 君

 皆様こんばんは。まずはお忙しいところ、一般社団法人大竹青年会議所の8月例会にお越し頂き、誠に有難うございます。会を代表致しまして、厚く御礼申し上げます。
さて、本日の例会では?橋委員長の下、大竹市の空き家問題、空き店舗問題について皆様と共に考え、どう活かしていくかを話し合っていきたいと思います。そうした考えを今後のまちづくりに活かしていき、ふるさとを活性化させていくという高橋委員長の想いで今回は開催させて頂きます。
話は変わりますが、先日、私と専務の方で、広島青年会議所の例会へ、オブザーブとして参加して参りました。東トルキスタンという国で、現在中国の管轄下に置かれており、新疆ウイグル自治区と通常呼ばれる地域になるのですが、こちらの大統領であるアフメットジャン・ オスマンという方を講師としてお招きした会に参加しました。
自分達のまち、自分達の国、平和とはどういうものか。日本という国は決して平和とは思えないと言われました。それは、尖閣諸島であったり、米軍基地が沖縄にあるなどの問題を抱えている現状が本当に平和と言えるのか。ということでした。その中で、私達の国が、世界がどう平和であるべきかということを、深く考えさせられました。私が思うに、人間と人間が話し合って、戦争をするという過程に至るまでは、相手に対する敬意や、理解、違うということの認識をすることが大事ではないでしょうか。私とあなたでは考え方、生き方、様々なところが違います。その中で、分かり合おうとする努力、歩み寄ろうとする努力が必要であると思います。自分の隣に住む人、自分のまち、県、国に住んでいる人、お互いの違いを認め、分かり合うことが必要であると思います。
本日は、イノベーターズの方、オブザーブの方も含め、様々な人に参加頂いております。その中で、お互いの意見を尊重し合いながら、お互いを理解し合う努力をしながら、話し合い、そして出た答えを、より大竹の活性化に繋げて頂ければと思います。短い時間ではございますが、何卒宜しくお願い致します。

 


大竹JC会員募集中!

この困難とされる時代だからこそ、自分に投資し自己を成長させ、 一緒にまちづくり運動を通じて更なる企業の発展を目指していきませんか?

入会のご案内